駐車場経営をしよう|余った土地を利用して収入を得る

リスクが小さい投資の方法

マンションの外観

サラリーマンも可能な投資

マンション投資の特徴はリスクが比較的小さいということです。投資にはリスクがつきものですが、株などは暴落すると一瞬にして資産がゼロになります。しかしマンション投資の場合はそのような時でも土地という資産を手元に残すことができます。また株のように一挙に儲けることができませんが、地道に毎月安定した収入を上げることができるのもマンション投資の特徴です。そのため資産を持っている人は老後の安定した生活のために、マンション投資を行う人が多いのです。マンション投資には資産の少ないサリーマンでもできるワンルーム投資という方法もあります。これはマンションのワンルームをローンで購入して、第三者に貸し出すという投資の方法です。

一棟投資でも団信で安心

ワンルームマンション投資のメリットは資産がなくてもできるという点です。サラリーマンでもOLでもできます。ワンルームマンションを購入する時には銀行から融資を受けて、毎月ローンで返済することになります。ローンの返済に家賃収入を充てることができるので、ほとんど持ち出しがなくて運用ができます。ローンの支払いが終わったらワンルームマンションは自分の資産になるので、売却すれば一時金が入ってきます。そのまま賃貸経営を続ければ、ずっと家賃収入が入ってきます。ある程度の資産がある場合はマンション一棟ごと投資ができます。ある程度銀行から融資を受けるとしても、戸数が多いのでローンの返済も楽にできます。もしオーナーに万一のことがあっても、団体信用生命によって残債がゼロになるので、残された家族が困ることはないのです。